FC2ブログ

奪われた妻と俺の性06

「んぐっ・・・・んぐっ・・・」
正治は必死に、それこそ死んだ思いで後輩のペニスを舐め続けた。
「なにしてるんだ、この下手くそがぁっ!」
しかし恭平の口から出るのはそんな思いさえ壊してしまう酷い言葉だった。
「おい、お前の口は今は性器なんだぜ?分かってるのかよ?」
正治は口から唾液を滴らせながら黙って頷く。
「なら、もうちょっと一生懸命奉仕しやがれ!男なんだから男の感じるところは分かるだろうがっ!」
「ひゃ・・・ひゃいっ・・・」
正治は力なくそう返事すると、再度恭平のペニスを口に含んだ。
『もう射精させるまでは許してもらえないかもしれない・・・・。』
ようやくそう覚悟した正治は、今まで躊躇していた舌先を恭平のペニスのカリ部分に這わす。
「うっ・・ううぇっ・・・」
そこに溜まった恥垢の強烈な味に吐き気を催しながらも、正治はその行為を続けざるを得ない。
「うんっ・・よしっ・・・やれば出来るじゃないか、マノン・・・。」
恭平のその言葉通り彼のペニスは徐々に大きさを増していく。自分の舌技で恭平がペニスを勃起させていると想像すると、正治は死んでしまいたい程の屈辱感に襲われた。
「ほらっ・・・もっと、唇も使って奉仕しろ・・・。」
恭平のペニスはあっという間に小さな正治の口内を埋め尽くす。言われた通り唇で恭平のペニスを咥え前後に頭を動かしながら、正治は自分がまるで女性器そのものになってしまったかの様に錯覚した。
「ん・・・んぐぐぐぅっ・・・」
しかしそんな妄想をしている間もなく、恭平の若く凶暴なペニスはあっという間に正治の口内から食道に侵入する。
「んあぁっ!・・・・はぁっ・・はぁっ・・・」
満足に息も出来ない状況に陥った正治は思わず口を離そうとするが、がっちりと恭平に頭を掴まれ息絶え絶えになりながらペニスをしゃぶり続けるしかなかった。
「ホント、おいしそうにおしゃぶりするわねぇ。」
未穂が羨ましそうに夫であるはずの正治を見て笑った。
「ねぇ、正治・・・マノンったら、本当はこうやって女の子の格好して、ペニスをおしゃぶりしてみたかったんじゃないのぉ?」
未穂はそう言って正治のスカートに腕を入れる。
「んんっ!!んっ!!!」
抵抗する正治だったが、恭平に頭部を固定されていてはどうする事も出来ない。未穂の指は正治の穿いているショーツの上から彼のペニスをくすぐる。
「んふふ・・・こんな小さなペニスで私を抱きながら・・・実は男の人に抱かれる事を想像して興奮してたんじゃない・・・・この変態!!」
「ひひゃぁひゃぁぅぅっ!!」
未穂が力の加減無く正治の睾丸を握りしめ、彼は恭平のペニスを咥えながら声にならない悲鳴を上げた。
「馬鹿野郎っ!!歯を立てるなっ!」
恭平は慌てて正治の口からペニスを引き抜くと、彼の左頬を平手打ちする。
「も、申し訳ありませんっ・・・・・ひぎゃああぁぁぁっ!!」
未穂が更に睾丸を潰すが如く握り、頬と股間、双方の痛みに正治は絶叫する。しかしそんな悲鳴など無視して恭平はもう一度正治の口内に己の猛り狂ったものを突き刺した。
「おらっ!今度歯立てたら全部引っこ抜いてフェラ専用の口にしてやるからなっ!」
「ひゃ!ひゃいっ!!」
あまりの恐怖に正治は震えながら三度恭平のものに舌を這わす。
「ねぇ、恭平様のおいしい?」
未穂はそんな夫を横目で見ながら呟く様に言った。
「そんなに男のチンポがおいしいならこんなものはいらないわよねぇ?」
「えっ!?」
正治が驚くヒマもなく、未穂は今度は彼のペニスをショーツの上から力の限り踏みつけた。
「ひぐぎゃあああぁぁぁっ!!ひっ!・・・ひぐっ・・・・」
正治の穿いている薄いピンク色のメイド服のスカートが次第に濃いピンク色に染まり、フローリングの床に生暖かい液体が広がる。
声も出ないほどの恐怖の中正治は失禁してしまっていた。

コメント

No title

今回もすばらしいです。
だんだんいい感じに転落してきましたね。
女性がサディスティンな雰囲気をあらわにしていくところがたまりませんね。
また楽しみに待ち続けています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL