FC2ブログ

痴漢で目覚めた僕8

「誰か~!女装した男が乗ってるわよ!」
悠真が驚く暇も無く菜穂子が大声で叫んだ。
「えっ?」
車内中の女性が菜穂子と悠真の方を振り向く。
「どこ?・・・どこに?」
女子制服姿の悠真を誰も男の子と認識できず、皆はきょろきょろする。悠真は足を震わせ、乗車ドアにもたれかかった。
「観念しなさい。変態ぼうや」
菜穂子はそう言うと、悠真のスカートを捲り上げた。少し勃起した男性器の膨らみを隠せないショーツを見て、女性達はヒソヒソと話し出すが悲鳴をあげるものはいない。悠真がとても乱暴な痴漢には見えなかったからだ。
「ねぇ、ぼうや。ここは男の子が乗っちゃ駄目な車両なのよ。」
女子大生風の若い娘が悠真の肩に手を掛けた。
「あ・・・あの!ぼく・・・・そんなの知らなくて!」
必死に弁解する悠真。それは真実だったが、菜穂子が邪魔をする。
「嘘おっしゃい!そんな女の子の服着て、変装して痴漢する気丸出しじゃないの!」
菜穂子は一目も気にせず悠真のペニスをショーツの上から握った。
「ひぎゃーっ!」
性器を力任せに握られた悠真は悲鳴をあげるが菜穂子の行為を止める者はいない。確かに女装して女性専用車両などに乗っていれば痴漢と疑われても当然だ。
「ひょっとして、あなた朝も痴漢しなかった?」
先程の女子大生が悠真に問いかけた。
「最近女性専用車両なのに痴漢されたって言っている友達が多いのよ。犯人あなたじゃない!?」
「ち・ちが・・・」
いわれもない疑いに悠真は慌てて頭を振った。
「でも、普通の男なら目立つけど、キミなら自然に女の子の中に紛れ込めるんじゃないの?正直に白状した方がいいわよ。」
菜穂子は他人の振りをして悠真を責め立てた。徐々に辺りの女性達が騒ぎ出す。皆、明らかに可愛らしい闖入者に少なくない興味を抱いていた。
「こんなもの付けながらスカートなんて穿いちゃって。」
溜まりきれず前に出たOL風の女性が菜穂子に代わって悠真のペニスを握る。
「ひ、ひぃーっ・・・」
「まあ、可愛い声で鳴くのね。」
女性はそういうともう片方の手で悠真の胸を揉んだ。
「ふふ、やっぱりここはぺったんこね。ブラはしてるの?」
押し黙ったままの悠真の胸ぐらを一人の少女がつかんだ。悠真と同じ制服を着た大きな女生徒だ。肩に書けた大きなスポーツバッグには「蹊聖BASKET BALL CLUB」と書かれている。
「ブラはしてるのかって聞いてるだろ!」
少女は勢いよく悠真のシャツのボタンを引きちぎった。
「きゃーっ!」
子供用の白いブラがあらわになり悠真は悲鳴をあげた。
「一丁前にブラまでしてやがる。」
女性だけの空間というのは酷く危険だ。気が付けば悠真は狂気の目を沢山の女性に囲まれていた。悠真の身体に伸びる沢山の手・・・彼は女性の敵・・・痴漢の生け贄として捧げられた子羊の様だった。

痴漢で目覚めた僕7

学校での屈辱の一日を終えた悠真は、またしても帰りの駅で夕刻のラッシュに揉まれていた。男子制服は菜穂子のマンションに置いてきたため、もちろん彼は女子制服のままの姿だ。菜穂子のマンションに行くという手もあったが、今度足を踏み入れたら男の子でいられなくなる気がした悠真は恥ずかしさを堪えて、自宅へ帰る道を選んだ。なにより、帰れば替えの男子制服があるのだ。
しかし都会の地下鉄は夕方も早朝と変わらぬ人混みだった。悠真は慣れないスカート姿で人波をかき分けて電車に飛び乗った。
『あれ変だな?』
車両に乗ってすぐに悠真は違和感を覚えた。先程まで多くの男性に揉まれ、中にはすれ違いざまにわざわざ身体に触れるエロオヤジに恐怖していた悠真だったが、車両内には見渡す限り女性しかいなかったのだ。スーツ姿のOL・制服姿の女子中高生・中にはもちろん悠真と同じ制服の女生徒もいる。その車両が『女性専用車両』だということを、田舎育ちの悠真は知る筈もなかった。
訳が分からないまま悠真はドアの付近に外を向いて立った。他人と目を合わすのが怖かったのだ。しかし、朝ほどでは無いにしろ相応の混み具合の中、彼はほとんどが自分より大きい女性達に揉みくちゃになる。だがそれは、本来若い男性である悠真にとって必ずしも嫌悪する事ではなかった。彼が少しだけ鼻の下を伸ばし、状況を満更でもないと思い始めた時、
「あらあら、乙女の園に男の子が混じっちゃダメよ。」
耳元で囁く声。
菜穂子だった。

痴漢で目覚めた僕6

「あ・・・あの・・・川原悠真です・・・」
『ゆうま』とも『ゆま』とも判断付かない発音で悠真は挨拶した。今日は入学二日目、必要もないのに教壇に立たされた悠真は恥ずかしさでおかしくなりそうだった。
「ねぇ・・・あの子昨日は男子の制服着てなかったっけ?」
女子生徒のひそひそ声が聞こえ、悠真は益々顔を真っ赤にする。
「はい、みんな静かにして!」
菜穂子が一喝すると教室は水を打った様に静まりかえった。
「遅くなってごめんなさい。今日からみなさんの担任になる篠原菜穂子です。」
彼女は教室を見回した後、悠真をちらりと見る。
「遅くなったのには訳があります。」
一体何を言い出すのか悠真は気がきではなかった。
「実は、この川原ゆまさんが今朝、電車で痴漢に遭いました。」
『ええっ!?』
悠真は呆れて声も出なかった。痴漢をしたのは菜穂子本人なのである。生徒達も驚いて、女生徒達は口に手を当てているし。男子生徒の中にはニヤニヤ笑っているものもいる。
「そういうわけで、先生は駅に行っていたので遅くなりました。それから・・・」
菜穂子は教壇の隅で小さくなっている悠真を前の方に押し出すとこう言った。
「もう気付いているかもしれませんが、川原さんは本当は男の子です。」
『い、いっちゃった!』
悠真は両手を顔に当てた。教室はざわめき、先程の女生徒からは「やっぱり」という声も聞こえる。
「川原さんは訳あって、今日から女の子としてこの学校に通います。まだ二日目だから大丈夫だと思うけど、みんなも川原さんを女の子として扱ってあげて下さいね。」
再び教室内が騒がしくなる。眉をひそめる生徒、薄ら笑いを浮かべる生徒、真摯な表情で悠真を見ている生徒、反応はそれぞれだが、さすが進学校だけあって面と向かって不平をいうものはいない。
「さぁ、川原さん。これからみんなに世話になるんだから、挨拶しておきなさい。」
戸惑う悠真をよそに菜穂子は悠真の背中を叩いた。
「ちゃんとできないと退学にするわよ。」
耳打ちする菜穂子の声は、とても脅しだとは思えない迫力があった。悠真は手を強く握って言った。
「あ・・・・あの・・・僕・・・男の子ですけど・・・・お、女の子と・・して・・・お願いします・・・。」
これだけ言うのがやっとだった。
今朝男の子として家を出た筈なのに、今女の子として教室にいる。そのあまりにも信じがたい状況を、悠真はどこか夢心地で感じていた。
しかしそれが夢なんかでは無い事を思い知るのはすぐの事だった。

「なぁ、お前本当に男なのかよ?」
昼休み、悠真はさっそく柄の悪そうな男子生徒達に捕まった。進学校とはいえ少しぐらい素行の悪い生徒はいる。そしてそんな生徒達の振る舞いは普段おとなしいだけにたちが悪く陰湿だった。
「う・・・うん・・・」
もともと気が弱く人見知りの激しい悠真はそれだけ言うのが精一杯だ。
「なんか俺達だまされてるんじゃないかと思ってよぉ。」
男子生徒は悠真の胸ぐらをつかんで無理矢理立たせた。
「ほら、背も低いし、こんなに華奢な身体で・・・本当に男なのか?」
悠真より頭一つも高い男子生徒はからかうように言った。悠真は恐怖で否定することもできなかった。
「じゃあ証拠を見せてもらおうかな。」
もう一人の男子生徒が悠真のスカートを捲り上げた。
「きゃあっ!」
思わず悠真は女の子の様な悲鳴を上げる。
「『きゃあ』だってよ、ホント女みたいだコイツ!でもちゃんとついてたぜ、小さいけどな!」
悠真のショーツの膨らみを確認した男子生徒は高らかに笑った。一部の女子生徒を除いて、教室中がクスクスとした笑い声に包まれ、悠真はその場でしゃがみ込んだ。
『ど、どうして僕・・・こんな目に遭わないといけないの・・・僕・・・女の子じゃないし・・・女の子になりたくもないのに・・・』
菜穂子という運命に翻弄される悠真はその場で泣き崩れた。

痴漢で目覚めた僕5

マンションの廊下とはいえ室内とは大違いだ。春先の風が悠真のスカートを撫で、彼は思わず内股になり、両手でスカートを押さえる。ショーツまで菜穂子のお古を穿かされている為、スカートの中を見られる恥ずかしさは本当の女の子以上なのだ。
「うふふ、仕草まで女の子みたいね。」
菜穂子は嬉しそうに呟くと、躊躇している悠真の腕をつかんでエレベータに向かって歩き出す。平日の昼間とはいえ、人口の多い街だから人通りは激しい。声を出すと男と知れるかも分からないため、悠真は菜穂子に抗議も出来ずにただ俯いて歩き続けた。
菜穂子のマンションから渓聖高校までは意外と近かった。悠真は昨日入学式に出席したばかりの校門前で足をがくがくと震わせた。
「こんなところに連れてきてどうしようというんですか!」
さすがにたまらず悠真は大声を上げた。玄関脇の小さな建物の中の守衛が声に驚いて顔を出す。悠真は見られた事で顔を真っ赤にする。
「どうしようってゆまちゃん、今日からここに通うんでしょ。」
菜穂子はこともなげに言うと、再び悠真の腕を引いて校門に向かう。
「あっ、だめっ!入れないよ!」
昨今の私立の高校だから警戒は厳重だ。もちろん校門は閉まっているし、先程の守衛が目を光らせている。男子としての学生証しか持たない悠真はもとより、その女子に変装した在校生を連れた菜穂子が入校できる筈が無い。しかし守衛は二人を止めるどころか、菜穂子に頭を下げた。
「これは篠原先生、ご苦労様です。」
「先生!?」
悠真は叫んでから慌てて口を押さえる。幸いな事に守勢は悠真の正体に気付いた様子は無い。しかし初老の男性特有の若い少女を舐め回す様な視線に彼はおぞましさを感じて菜穂子の背中に隠れた。
「そう言う訳よ、川原悠真君。」
菜穂子は守衛に会釈して無人の校庭を歩き出す。校舎からは窓際の生徒が、おかしな時間に登校してきた悠真を眺めている。遠目だから女装だとは気付かれないと思ったが、悠真はあまりの恥ずかしさに心臓が止まりそうになった。
「しばらく待っててね。」
菜穂子に教員室の前で待たせられると、一人廊下に残された悠真は自分でも信じられないほどの孤独感に襲われた。なにしろ男子高校生が自校の女子生徒の制服姿で学校内にいるのだ。菜穂子がこれから自分をどうしようとしているのかは分からなかったが、その菜穂子でもいいから傍にいてほしい、と悠真は心から願った。
悠真にとって長すぎる5分ほどの時間の後、菜穂子はようやく教員室から現れた。
「事情は説明しておいたから心配はないわ。さぁ、教室へ行くわよ。」
「きょ、教室!?このままの格好で!?」
予期していなかったといえば嘘になるが、女子生徒の姿で級友と顔を合わせる事を現実として告げられた悠真の顔は蒼白になった。

痴漢で目覚めた僕4

「思った通り似合うじゃない。本当に女の子みたいよ。」
自身の学校の女子制服に着替えさせられ、これ以上ないくらい頬を真っ赤に染めて身もだえしている悠真に向かって菜穂子は言った。
やや薄いエンジ色のジャケットに、同色と緑色のチェックのプリーツスカート。胸には大きなエンブレムと学年毎に異なる色の大きなリボンタイ。そして指定の紺色のハイソまで履かされた悠真の姿は確かに、ややボーイッシュな女子高生といった感じだった。
「でも・・・どうしてこんな服持ってるんですか?」
意識を他に向けないと恥ずかしさで気が狂いそうだった。悠真はスカートのヒラヒラ感を気にしながら菜穂子に尋ねる。
「私も渓聖に通ってたのよ。それは私が来ていた制服。」
菜穂子が着ていたと聞いた悠真はドキリとした。彼女の高校生時代を想像し、その肉感溢れる身体に身に付けていたものを、今自分が着ているという倒錯感に悠真は自分でも思っていないような感覚を覚えた。
「今日からあなたは『ゆうま』じゃなくて『ゆま』ちゃんよ。どう?可愛い名前でしょ。」
菜穂子は言いながらそっと悠真の身体を抱き抱えた。菜穂子の香水の匂いが悠真の鼻腔を刺激し、感じたことのない大人の女性の感触に悠真は抗う事ができなかった。
「ほら、言ってみなさい。私はゆまです。って。」
「う、うん・・・わ・・・わ、わたしは・・・ゆま・・・ですっ・・・。」
菜穂子は満足げに頷いた。
「素直で可愛いわよ。そんな風にいい子にしていたらこれからも可愛がってあげるからね。」
菜穂子はそっとスカートの上から悠真の股間を触った。案の上勃起してる事を確かめた菜穂子は悠真に『素質』があることを確信した。
「さぁ、準備もできた事だし出かけましょうか?」
「えっ!?」
悠真は心底驚いた。
「どうしたの?今日は平日よ。登校するのは当たり前でしょ?」
「こ!この格好でですか!?」
「なんの問題があるの?その制服は渓聖のでしょ。」
「だ、だって・・・!」
「さっき、私はゆまですって、言ったばかりじゃない。悠真君は今日から女の子になるのよ。ほら、グズグズしてたらお昼にも間に合わないわよ!」
菜穂子は悠真に学校指定のローファーを履かせると、無理矢理マンションの廊下に連れ出した。

痴漢で目覚めた僕3

「私の名前は篠原菜穂子。普通のOLよ。」
「あ、あの・・・栗本悠真です・・・。」
『普通』の部分に疑問を感じながらも悠真は生真面目に自己紹介してしまった。
「悠真君か・・・可愛い名前ね。」
菜穂子の微笑む顔に悠真は思わず顔を赤らめる。しかしそんな場合では無い事を彼はすぐに思い出した。
「いつもあんな事してるんですか?」
「失礼ね。そんなわけないじゃない。今日はあなたがあまりに可愛かったから。」
「じょ、冗談言わないで下さい!」
そう言いながらも悠真は顔が火照るのを感じた。
「それより着替え貸してあげるから早く着替えなさい、いつまでも濡れたズボンじゃ嫌でしょ?」
「あ、はい・・・ありがとうございます。」
殊勝にも自分を痴漢した相手に礼を言った悠真は、菜穂子から渡された洋服を見て驚いた。
「な!・・・こ、これって!」
「どうしたの、なにか問題ある?」
「おおありです!これって女物じゃないですか!しかも・・・・」
菜穂子は笑みを浮かべて言った。
「そうよ、あなたの通っている蹊聖高校の女子制服よ。」
「ぼ、僕は男ですよ!こんなもの着れません!」
「あら、そうかしら・・・。」
菜穂子はそう言うと、悠真の背中に回り込み胸を押し当てた。
「な、何を・・・。」
菜穂子の小さくない胸の感触を背中に感じ、悠真は心臓が飛び出そうになった。
「悠真君可愛いから、きっとその制服似合うと思うな。」
菜穂子は耳元で囁くと、悠真の耳朶にそっと息を吹きかける。
「あぅんっ!」
「うふふ、思った通り可愛い声出すんだ。」
更に菜穂子は両手を悠真の股間に伸ばす。
「だめっ!きたないっ!」
いまだ小便で濡れているズボンの上から股間をまさぐられ、悠真は冷たさと恥ずかしさに悲鳴を上げるが、次に襲ってきたのはなんともいえない淫靡な快感だった。
「さすがに若いだけあって順応性が高そうね。もう、おちんちん大きくなってきたわよ。」
「そ、そんなこと!」
抗いながらも確かに悠真のペニスは少しずつ勃起し始めていた。こんなところで自分を痴漢した女性に・・・等とは思いながらも若い身体の興奮は収まらなかった。
「感度いいのね。」
菜穂子は慣れた手つきで悠真のズボンのベルトを外し、チャックを下げる。
「だ・・・だめっ・・・・」
そういいながらも悠真はもう強くは抵抗できなかった。
「悠真君ブリーフ派なんだ、イメージ通りで可愛いわね。折角の真っ白いブリーフ黄色く染めちゃって、悪い子ね。」
「は、恥ずかしい事言わないでっ・・・」
恥辱に目を閉じ言い返す悠真だったが、その声は菜穂子の加虐心に火を付けるだけだった。彼女はゆっくりとブリーフの上から、いまや完全に勃起してしまった悠真のペニスをいたぶる。
「やっぱり、まだ皮も被ったままなのね・・・とても可愛いわ・・・素敵よ・・・悠真ちゃん・・・」
「あっ・・・ううんっ・・・」
菜穂子は悠真のブリーフに手を入れると、包皮の上から彼のペニスを柔らかい手で握る。
「あぁんっ!!」
他人に初めてペニスを握られる快感に悠真は女の子の様な声を上げた。
「ねぇ、おちんちん気持ちいい?」
菜穂子はそう言いながらゆっくりと悠真のペニスを上下にしごく。
「そんなこと・・・・あんっ!」
「うふ、身体は正直ね。女の子におちんちん握られるのって気持ちいいでしょ?」
菜穂子は更にピストン運動の速度を増した。
「あぁっ・・・・あっ・・・あっ・・・・」
「あら、もう出そうな勢いね・・・・でも、若いから早漏は仕方ないわよね。どう?出したい?」
菜穂子の意地悪な質問に悠真は顔を真っ赤にしてコクリと頷いた。
「じゃあ一つだけ約束して。女の子の制服着るって・・・。」
「えっ!?そんな・・やだっ・・・。」
「じゃあ出させてあげないわよ。」
菜穂子は手の動きを止めた。
「ああっ・・・だ、だめ!やめないでっ!こんなところでやめられたら僕おかしくなっちゃう!」
悠真のペニスの先からは大量の先走り液が流れ出ていた。
「じゃあ、約束出来るわね。女の子になるって。」
「お、女の子!?僕が?」
「そうよ。私、男の子を女の子にするのが趣味なの。悠真君もかわいい女の子にしてあげる。」
勝利を確信した菜穂子は再度悠真のペニスを握った。
「ああっ・・・う、うん・・なるよ…僕・・・女の子になるからっ!・・・だから出させてっ!」
「はい、よく言えましたっ!」
「あああんっ・・・こんなの・・・こんなの・・・ああんっつくっ・・・・ああんっ!!」
本当に女の子の様に喘ぎ声を上げながら、悠真はペニスの中に射精した。
それが男の子としての最後の射精である事を、彼は知る由もなかった。

痴漢で目覚めた僕2

「高校生にもなってお漏らししちゃって、悪い子ね。」
耳元で囁く声に悠真は驚いた。それは明らかに女性の声だったのだ。
「次の駅で一緒に降りるのよ。そうしないとあなたがお漏らししちゃったこと大声で叫んであげるからね。」
あろうことか痴漢は悠真に命令した。これではどちらが被害者か分からない。しかし気の弱い悠真はショックから立ち直れずに頷いた。
「は・・・はい。」

手を引かれて下ろされたのは学校の一つ前の駅だった。繋いだ手は悠真のおしっこで湿っている。その柔らかい手の持ち主は、きっちりとスーツを着こなしたまだ若い女性だった。
「どこへ連れて行くんですか・・・。僕学校にいかないと・・・。」
悠真は不安げに尋ねた。びちょびちょに濡れたズボンが気持ち悪く、靴の中にたまったおしっこが歩く度に恥ずかしい音を立てる。彼は指定鞄で必死にズボンの前を隠しながら彼女についていった。
「どっちにしてもその格好じゃいけないでしょ?
たしかに彼女の言うとおりだ。幼稚園児ならともかく、高校生がお漏らししたズボンで登校などすれば格好のイジメの的になるだろう。
「お漏らしさせたのは謝るわ。私のマンション近くだから、着替えさせてあげる。」
痴漢は悪びれもせず言った。どのみち今の格好で替えるのも大変だ。悠真は彼女に従うしか無かった。
「あなた渓聖の生徒でしょ?」
悠真はコクリと頷いた。
「そのエンジ系のジャケット目立つもんね。私その制服可愛いから大好きなの。」
もちろん彼女はその制服を着た可愛い男子生徒を狙って破廉恥行為に至ったのだろうが、彼女の表情には全く罪悪感が感じられなかった。

「さあ、遠慮無く入って。あっ、濡れた靴下は脱いでね。」
そこは若い女性が一人で住むには立派すぎるマンションだった。悠真だって年頃の男の子だ。若い女性の部屋に入るという初めての経験に彼はドキドキした。
「どうして、あんな事を・・・したんですか・・・。」
洗面所に案内された悠真は思いきって彼女に聞いた。
「どうしてって?・・・うーん、可愛い男の子が好きだからかな?」
痴漢はしれっとした顔で言った。

痴漢で目覚めた僕1

痴漢で目覚めた僕01

きっかけは満員電車だった。
その日、川原悠真は生まれて初めての満員電車に辟易していた。
「まさか東京のラッシュがこんなに凄いなんて・・・。」
悠真は呟いた。彼はとある地方都市から出てきたばかり。地元で評判の秀才だった彼は、念願かなって東京の有名高校に進学したのだった。都会での一人暮らしに不安が無い訳では無かったが、彼は一流高校へ進学して地元へ恩返しする道を選んだのだ。
「う、つぶされちゃうよ。。。」
しかし彼の決意は初日にして崩れかけていた。高校生にもなって150足らずの身長しかない悠真は大勢のサラリーマンやOLに囲まれ、どうにも動きがとれなかった。
「な、なに!?」
学校まであと3駅というところで彼はお尻に妙な感触を感じた。それは偶然触れただけとは思えないしなやかな手が彼の臀部をさすり続ける感触だった。
『や、やだ!』
彼はその醜悪な手から逃れようと必死に身体をくねらせる。しかし狭い車内では逃げるどころか、体を回転させることも出来ず、かえって彼自身が不審の目にさらされた。
『や、やめてっ!お願いだから・・・』
そうは思っても悠真はそれを口に出すことは出来なかった。怖いのはもちろんだが、男の癖に痴漢されたなどと、とても大声で言う勇気はなかったのだ。それを承知してか、それとも女の子と間違ってか、嫌らしい手は悠真の更に股間に伸びる。
『あっ!』
手が自分のペニスの下のやわらかい袋に触れる感触に悠真は足を震わせた。
『ねっ、分かった?僕男の子なんだよ・・・』
しかし手の動きは止まらない。明らかに手の所有者は悠真を男の子と知って痴漢をしているのだ。
『えっ、な、なんで!?』
男性でも痴漢される事がある都会の恐ろしさ等知らない悠真は恐怖に顔を強ばらせた。するともう一本の手が悠真の制服のズボンの股間に伸び、チャックを下ろさせる。
『ぼ・・・ぼく・・・男の子なのに痴漢されてるっ!』
あまりの恐ろしさに悠真は小便を漏らした。

それは、彼が丁度16歳の誕生日を迎えた日だった。

本BLOGについて

紗奈と申します。
性別年齢不詳の物書きとして下さい。
男性が強制的に女性化される小説をマイペースで書いていきたいと思います。